看護未来展

開催概要

名称 看護未来展2019
―第4回 看護サービスの新しいステージを目指す専門展―
会期 2019年4月18日(木)~20日(土) 10:00~17:00
会場 インテックス大阪
(〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102)
入場料 無料
(入場登録制:当日会場での登録またはインターネットによる事前登録)
主催
(構成団体)
看護未来展実行委員会
(公益社団法人 大阪府看護協会・一般社団法人 大阪府訪問看護ステーション協会・テレビ大阪・テレビ大阪エクスプロ)
後援 厚生労働省、大阪府、大阪市、(公社)日本看護協会、(公財)日本訪問看護財団、(一社)全国訪問看護事業協会、(一社)日本病院会、(公社)全日本病院協会、(一社)日本医療法人協会、(公社)大阪府理学療法士会、(公社)大阪介護支援専門員協会、(公社)大阪介護福祉士会、(公社)大阪府栄養士会、(一社)大阪府助産師会、(公社)大阪府歯科衛生士会、(一社)大阪府医師会、(一社)大阪府病院協会、(一社)大阪府私立病院協会、(一社)大阪府薬剤師会、(一社)大阪府作業療法士会、(一社)大阪府言語聴覚士会、大阪府私立病院協同組合、(一社)大阪府医療法人協会、(一社)大阪府歯科医師会、(公社)大阪府柔道整復師会、(公社)大阪府鍼灸師会、(公社)大阪府鍼灸マッサージ師会
[順不同/申請予定]
来場者数
(見込み)
3,000人
(同時開催展をあわせると約90,000人)
同時開催
  • 慢性期医療展2019
  • 在宅医療展2019
  • バリアフリー2019

※掲載内容は、2018年7月現在のものです。
事前の予告なく内容を変更または中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。

出展対象

  • 栄養ケア・口腔ケアゾーンNEW

  • 感染対策ゾーン

  • 看護支援システムゾーン

  • 施設設備ゾーン

  • ナースウェア

  • ナースシューズ

  • ナースコール

  • バイタルチェッカー

  • 看護・訪問看護支援システム

  • 勤務管理システム

  • 感染症予防・対策製品・サービス

  • 在宅医療・在宅看護関連機器・サービス

  • 排泄ケア関連

  • じょくそう予防関連

  • 認知症関連

  • 口腔ケア関連

  • 摂食・嚥下障がい関連

  • 医療食、介護食品

  • 看護職・学校等教育機関向け教材

  • 病院における看護関連用品

    (病院ベッド・マット類、入浴機器、おむつなど介護用品)
  • ターミナルケア(終末期医療・看護)に関わる各種製品

  • 施設設備関連

  • 訪問看護ステーション・医療機関・施設経営関連情報およびサービス

  • その他、看護に関わる製品・技術・サービス

来場対象

  • あらゆる看護職

    病院
    訪問看護ステーション
    介護老人保健施設
    介護老人福祉施設
    有料老人ホーム
    診療所
    地域包括支援センター
    保健所・市町村
    施設
    大学・看護学校

公益社団法人 大阪府看護協会

高橋 弘枝

会長
高橋 弘枝

明るく夢のある未来を創るために
人々の「生活と医療」を支える看護職

5万人を超える会員(全国一)を有する大阪府看護協会は、ひとりひとりの「看護の心」を大きなパワーとして、大阪府民の安心・安全な暮らしを守り、看護職にとっても夢のある明るい未来であることを目指して、活動しています。
様々な職種と協働連携し、多様なフィールドで活躍できる「質の高い看護」の提供に向けて、日々前進すること、それが私たちの使命です。

http://www.osaka-kangokyokai.or.jp/

一般社団法人 大阪府訪問看護ステーション協会

立石 容子

会長
立石 容子

在宅看護や在宅医療の実際について、来て、見て、聞いて、触れて、話し合ってみませんか?大阪府訪問看護ステーション協会は、「未来の看護」を提案します。

「病気や障がいがあっても、住み慣れた場所で家族や仲間とともに生き生きと暮らしたい」、それは、誰もが望む願いです。訪問看護は、そんな皆様を医療と生活の両面から応援します。
大阪の訪問看護ステーション数は、1100と全国一位です、活動も、訪問看護のみならず、地域のマネジメントリーダーとして、教育、福祉、予防活動までも展開する事業所も多くあります。また、看護職の起業家も輩出され、府内の各地域で元気に活躍中です。

http://daihoukan.or.jp/