Exhibitors / Exhibits Search

Exhibitor Detail

Exhibitor name
in Japanese
株式会社Raise the Flag.
Exhibitor name
in English
Raise the Flag. Inc.
Address in Japan

〒760-0027

香川県

高松市紺屋町10番地7

Address in English

ZIP: 760-0027 10-7 Konya-machi, Takamatsu-city, Kagawa, JAPAN.

Website https://rtf.co.jp
Email
Phone number
in Japanese
087-887-5373
Phone number
in English
+81 87 887 5373
PR message(in Japanese) (株)Raise the Flag.と申します。「視覚に障がいのある方々の世界を変える!」と大風呂敷を広げている会社です。視覚障がい者用スマートクリップ “みずいろクリップ” をリリースしました!

みずいろクリップ 【 MIZUIRO-CLIP 】

The name of Item[1] みずいろクリップ 【 MIZUIRO-CLIP 】
Details[1] “みずいろクリップ” は、様々な容器に簡単に取付けるコトができ、お湯や水、調味料などを任意の量で注ぐコトができる「液面検出機能」、調理する際に便利な6分間までの「タイマー機能」、モノの色を知るコトができる「色判別機能」の3機能を、1つの製品にまとめた視覚障がい者用スマートクリップです。使用方法はとてもシンプルで、スライドスイッチを動かすだけで、各機能を簡単に利用できる利便性の高い設計となっています。

「液面検出機能」は、検出する液体の温度(熱い~冷たい)や粘度(ドロドロ~サラサラ)を選ばない為、熱いお湯~冷たい調味料など様々な液体を正確に検出いたします。
みずいろクリップ自体をセンサー化している為、液面を検出する部分に突起物や部品などの露出がありません。使用後は、除菌ウェットティッシュで拭き取っていただいたり、洗浄するコトにより、液体に触れる部分を衛生的に保つコトができます。

「色判別機能」は、現在、判別可能色数を14色に設定していますが、容易にプログラムを入替できる設計にしており、今後、使用される方が知りたい色数に応じた判別色数を選択できるモデルを数種類ラインナップする予定です。
また、この機能は、判別するトリガーが色になっており、特定の色を みずいろクリップに判別させるコトにより、色名の通知以外にレストランのメニューや、商品名を通知するといった汎用性の高い機能となっています。
アイデア次第で、様々なシーンに特化したモデルの展開が可能な製品です。
消費電力を極めて低く抑える仕様にしており、1日100回の「色判別機能」を使用しても6か月間使用できる設計となっております。

みずいろクリップは開発・製造の全てを日本国内で行っております。
We hope that MIZUIRO-CLIP born in Japan will be useful for visually impaired people around the world !!

Category of
Exhibit Items

B. Foods

Nursing Care Foods / Nutrition Foods / Therapeutic Foods / Health Foods

Home-Delivered Food & Meal Services

Liquid to Assist for Swallowing

Cooking Devices, Dishes

Miscellaneous

L. Self-Aids Devices

Self-Aids Devices

Prosthetic Devices

Miscellaneous

P. Communication Aids

Aids for Visually Disabled

Aids for Hearing Handicapped Person

Computer for Disabled

Mobiles / Tablets

Miscellaneous

T. Other Barrier Free Products

Generics

Teaching Materials for Education Institution

Information of Hospital, Institution & Home-Visit Nursing Station

Hospital & School Introduction

Flotation Proposal of Welfare Work

Development Grant for the Development Technology of Welfare work