バリアフリー・スキルアップセミナー2019
福祉用具適合支援サービスからとらえた種目別検討課題
~SMART-systemsの普及に向けて~

近年の福祉用具の殆どは介護用のものが中心となっており、欧米諸国のような自立支援のためのものが少ないのが現状です。特に、神経難病などによる重度障がいのある人に適用できる用具類が少なく、福祉用具の適合支援においても、誤用・過用の例を多く見かけることが多く、障がいを更に重度化させてしまっている危険性も生じています。
大阪市援助技術研究室では、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病(パーキンソン症候群も含む)、脊髄小脳変性症、多発性硬化症などの神経難病による重度障がいのある人への福祉用具支援を行ってきました。その中で、既存の福祉用具における問題点・課題を抽出し、製作・改良サービス及び研究開発を通じて、SMART-systems(大阪市援助技術研究室方式)という新たな福祉用具適合支援サービスを構築してきました。その効果性も確認してきています。
今回、スキルアップセミナーを通じて、福祉用具適合支援サービスにおける問題点に対し、種目別に検討課題について説明し、SMART-systems(大阪市援助技術研究室方式)の具体的な活用方法について解説及び演習を行います。

対象者

福祉用具適合支援サービスに従事する方(以下、例を記す)

療法士の方 利用者の潜在能力、残存機能を評価し、適正な福祉用具適合支援プログラムの立案と提供方法を習得することを目的とする。
福祉用具レンタル・
販売事業者の方
医療関係者との有益な連携のもとに、適正な福祉用具の選定、適合調整の方法等を習得することを目的とする。
福祉用具メーカーの方 福祉用具の現状と課題に関する情報とともに、福祉用具研究開発の一助を得ることを目的とする。
ケアマネジャー及び
ソーシャルケースワーカー
福祉用具を活用した総合的な支援マネジメント手法を習得することを目的とする。

場所

テレビ大阪 西館(別館)1F 会議室
〒540-0008 大阪市中央区大手前1-2-15
※詳細はこちら

参加費

19,000円(税抜)/1回
※1日、2日、3日いずれかの参加でも参加費は同じとなります。
※参加費にSMART-systems用計測器の材料費が含まれます。

日時

全2回

第1回目 令和元年10月12日(土)、13日(日)、14日(月・祝日)
午前9時30分~午後4時00分
「筋萎縮性側索硬化症への福祉用具適合支援サービスからとらえた種目別検討課題
~SMART-systems for ALS(大阪市援助技術研究室方式)~」
第2回目 令和元年11月2日(土)、3日(日)、4日(月・祝日)
午前9時30分~午後4時00分
「パーキンソン病への福祉用具適合支援サービスからとらえた種目別検討課題
~SMART-systems for PD(大阪市援助技術研究室方式)~」

講師

米﨑二朗(大阪市援助技術研究室 主任研究員/作業療法士・リハビリテーションエンジニア)
池田真紀(大阪市援助技術研究室 研究員/作業療法士)

予定(日程時間割)

第1回:令和元年10月12日(土)、13日(日)、14日(月・祝日)
午前9時30分~午後4時00分:各日
「筋萎縮性側索硬化症への福祉用具適合支援サービスからとらえた種目別検討課題
~SMART-systems for ALS(大阪市援助技術研究室方式)~」

令和元年10月12日(土)
受付 午前9時00分~9時30分
第1部 午前9時30分~12時00分(1回休憩あり)
①筋萎縮性側索硬化症に関する医学的知識・情報
昼食 午前12時00分~午後1時00分
第2部 午後1時00分~午後4時00分(1回休憩あり)
②筋萎縮性側索硬化症に対する福祉用具種目別検討課題
1)ベッド関連用具
2)車椅子関連用具
3)上肢装具
令和元年10月13日(日)
受付 午前9時00分~9時30分
第3部 午前9時30分~午前12時00分(1回休憩あり)
③筋萎縮性側索硬化症に対する福祉用具種目別検討課題
4)排泄関連用具
5)入浴関連用具
6)下肢・体幹装具
昼食 午前12時00分~午後1時00分
第4部 午後1時00分~午後4時00分(1回休憩あり)
④筋萎縮性側索硬化症に対する福祉用具種目別検討課題
7)重度障害者用意思伝達装置
8)その他のコミュニケーション機器
令和元年10月14日(月・祝日)
受付 午前9時00分~9時30分
第4部 午前9時30分~午前12時00分
⑤SMART-systems for ALS
1)ベッド上ポジショニング用ピロー
2)車椅子シーティング(前編)
昼食 午前12時00分~午後1時00分
第5部 午後1時00分~午後4時00分(1回休憩あり)
⑥SMART-systems for ALS
3)車椅子シーティング(後編)
4)重度障害者用意思伝達装置

第2回目:令和元年11月2日(土)、3日(日)、4日(月・祝日)
午前9時30分~午後4時00分:各日
「パーキンソン病への福祉用具適合支援サービスからとらえた種目別検討課題
~SMART-systems for PD(大阪市援助技術研究室方式)~」

令和元年11月2日(土)
受付 午前9時00分~9時30分
第1部 午前9時30分~12時00分(1回休憩あり)
①パーキンソン病に関する医学的知識・情報
昼食 午前12時00分~午後1時00分
第2部 午後1時00分~午後4時00分(1回休憩あり)
②パーキンソン病に対する福祉用具種目別検討課題
1)車椅子関連用具
2)家具調椅子、立ち上がり補助椅子
令和元年11月3日(日)
受付 午前9時00分~9時30分
第3部 午前9時30分~午前12時00分(1回休憩あり)
③パーキンソン病に対する福祉用具種目別検討課題
3)排泄関連用具、入浴関連用具
昼食 午前12時00分~午後1時00分
第4部 午後1時00分~午後4時00分(1回休憩あり)
④パーキンソン病に対する福祉用具種目別検討課題
4)歩行器・歩行車
5)住環境整備(手すり、移乗用具、床・段差など)
令和元年11月4日(月・祝日)
受付 午前9時00分~9時30分
第4部 午前9時30分~午前12時00分
⑤SMART-systems for PD
1)車椅子シーティング
昼食 午前12時00分~午後1時00分
第5部 午後1時00分~午後4時00分(1回休憩あり)
⑥SMART-systems for PD
2)家具調椅子におけるシーティング
3)SMART Seating systems for PD

申込

募集人数 各回30名
申込締切日
第1回 10月4日(金)
第2回 10月25日(金)

※但し、各コースとも満席になり次第締め切ります。

申込方法 受講申込はこちら
※申込みフォームはGoogle Formsを利用しております。
お申込み・お問合せ バリアフリー展事務局(平日9:00~17:00)
〒540-0008 大阪市中央区大手前1-2-15 (株)テレビ大阪エクスプロ内
TEL:06-6944-9913
FAX:06-6944-9912
E-mail:
受講料の支払い
  • ※事務局より請求書を送付いたしますので、指定の口座へ受講料をお振込みください。
  • ※セミナー開催前日までにご入金をお願いします。
  • ※振込み手数料は受講者でご負担願います。
  • ※別途、受講票を送付いたしますので当日会場にご持参ください。
備考・注意
  • ※受講申込者が出席できなくなった場合は、受講資格を満たした方が代理で受講することも可能です。その際には、開催前日までに事務局へ宛てご一報いただくとともに代理の方の「部署・役職・お名前」をお知らせください。
  • ※受講希望者が少なく、開講できないと判断した場合、延期または中止することがあります。
  • ※当日欠席された場合は後日テキストをご送付いたします。受講料の返金はできません。
受講キャンセル
について
セミナーの受講をキャンセルされる場合には事務局までご連絡(TEL・FAX・E-mail)をお願いいたします。なお、キャンセルの連絡日時により、原則として下記のキャンセル料をご負担いただきます。事務局が休業日の場合はFAXまたはE-mailでご連絡ください。
受講キャンセル料
セミナー開催日の2日前~前日のキャンセル 受講料の50%
当日キャンセルの場合 受講料の100%

ご案内
福祉用具支援サービスにおける韓国との技術交流会の件
(国立補助器具センター、SENDEX(福祉機器展)、韓国リハビリテーション工学カンファレンス)
11月6日(水)~8日(金):韓国・ソウル