講演・セミナー

オンラインセミナー

配信日:5月16日(月)~7月29日(金) 申し込み開始日:5月16日

オンライン専用

5月16日12:00~7月29日17:00

(一社)日本リハビリテーション工学協会

障害者の運動習慣を考える

「肢体不自由者の年1回以上の運動実施者の割合は29.4%(平成25年文科省)という現状を良くしていくには」当事者でもある講師とゲストのエンジニアやセラピストがディスカッション形式で語り合い共に考える1時間です。

(一社)日本リハビリテーション工学協会 理事 伊佐 拓哲氏

5月16日12:00~7月29日17:00

コロナ禍における介護と医療の連携

コロナ禍において地域によっては医療崩壊して自宅放置者が大量に発生した。また在宅の認知症患者さんや介護施設での陽性者の取り扱いなどの課題が浮き彫りになった。この2年間を振り返り、パンデミック下の介護と医療の連携について考えてみたい。

長尾クリニック 院長 長尾 和宏氏
[プロフィール]
医学博士。長尾クリニック院長。公益財団法人日本尊厳死協会・副理事長、関西国際大学客員教授。日本慢性期医療協会理事他。
コロナ禍の日々を綴った『ひとりも死なせへん』がベストセラー、他著書多数。

5月16日12:00~7月29日17:00

(一財)在宅ケアもの・こと・思い研究所

情報表示のアクセシビリティ

在宅・施設の介護・医療現場で使用するさまざまな製品にはラベル、取扱い説明、注意書き、音声ガイド、等々様々な情報表示があり、これらの分かりやすさは安全で快適な使用に直結する。アクセシブルデザインの視点から、こうした情報のあり方を考える。

国立研究開発法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域 人間情報研究部門 名誉リサーチャー 工学博士 佐川 賢氏

5月16日12:00~7月29日17:00

(一財)在宅ケアもの・こと・思い研究所

人は作業(活動)することで元気になれる ーどんな時でも、意味ある、豊かな作業の提案ー

コロナ禍、社会的フレイル(虚弱)が課題となっている。高齢者や障害者であっても意味ある作業の遂行は、豊かな生活を保障しフレイルを予防し、作業の継続は健康に寄与する。その実例と考え方を提案する。

(一社)日本作業療法士協会 会長
(一財)在宅ケアもの・こと・思い研究所 理事 中村 春基氏

5月16日12:00~7月29日17:00

シルバー新報/環境新聞社

多様化するハラスメントとメンタルケア~共感疲労とリスクマネジメント~

日本福祉大学社会福祉学部卒業。介護保険発足の年にケアタウン総合研究所を立ち上げる。全国のケアマネジャーや地域包括支援センターから熱い支持を受け、受講者はのべ22万人。ビジネススキルの知見も豊富に盛り込まれた「新ケアマネジメントの仕事術」「ケアマネジャーの質問力」「地域ケア会議コーディネートブック」など著書多数。業界誌や週刊誌でも積極的に発言を行い業界の発展に尽力している。
http://caretown.com

ケアタウン総合研究所 代表 高室 成幸 氏

5月16日12:00~7月29日17:00

NPO法人福祉フォーラム・ジャパン

これからの社会福祉法人の経営~福祉共同組合の設立目的とICT機器を駆使した新しい介護の実現~

(社福)青森社会福祉振興団 理事長 中山 辰巳氏

5月16日12:00~7月29日17:00

NPO法人日本アビリティーズ協会

withコロナ時代の介護様式とは?【福祉機器を活用した感染症予防対策】~施設のリスクマネジメント実践報告~

(社福)愛光社会福祉事業協会 障害者支援施設 三愛園 施設長 松下 薫氏

セミナー申し込みはこちら