Outline

Exhibitors / Exhibits Search

Exhibitor Detail

Exhibitor name
in Japanese
独立行政法人労働者健康安全機構 吉備高原医療リハビリテーションセンター
Exhibitor name
in English
Kibikogen Rehabilitation Center For Employment Injuries
Booth NO. 2-404
Address in Japan

〒716-1241

岡山県

加賀郡吉備中央町吉川7511

Address in English

7511, yoshikawa, kibichuo-cho, kaga-gun, Okayama, 716-1241

Website http://www.kibirihah.johas.go.jp/
Email syomu@kibirihah.johas.go.jp
Phone number
in Japanese
0866-56-7141
FAX in Japanese 0866-56-7772
Phone number
in English
+81-866-56-7141
FAX in English +81-866-56-7772
PR message(in Japanese) 当センターは、身体障害者(主に肢体障害者)の社会復帰と生活の維持を目指して、リハ医療の立場で支援しています。医用工学研究室は、身体障害者のQOL向上を目指して、福祉機器の研究開発を行っています。

The name of Item[1] 1. 屋内用携帯型酸素ボンベカート(参考品)
Details[1] 車輪径が大きく扱いが楽な横押しタイプのボンベカート

引くタイプの携帯型酸素カートでは不安定で心もとないと思われる方のために、屋内用の横押しタイプのボンベカートを開発しました。軽い力で操作でき、直進、左右のカーブも安定して使用することができます。車輪も大きく、小さな段差も楽に越えることができ、階段などの大きな段差の場合カートを後ろ向きにして使用します。

The name of Item[2] 2. コンピュータ入力デバイス(あごマウス)
Details[2] あご操作マウス「ミレット Millet3」

マウスなどの入力機器を手で操作できない方が、あごによって操作する入力機器です。中央の((1))であごを動かすことによりマウスカーソルの移動操作が行え、本体((2))をあごで下へ押すことによりクリックやドラッグなどの操作が行えます。お使いのコンピュータのUSBポートに接続するだけで、すぐに使用できます。
【仕様】 75×70×20(mm) 、接続USB1.1以上
【製造・発売元】 ダブル技研(株)
【価格】 32,184円

The name of Item[3] 3. 住宅改造データベース
Details[3] 住宅改造の打合せや図面作成時の参考として

当センターにおいて、脊髄損傷者を対象として実施した住宅改造例53件をデータベース化しています。改造内容や福祉機器等で住宅改造データベースの検索を行い、家屋の平面図、三次元図、三次元アニメーションによって住宅改造後の生活状況が確認できます。
【仕様】 Windows OSパソコン、CD-ROMドライブ必要
【発売元】 (有)岡山リハビリ機器販売
【価格】 8,000円(税抜き)

The name of Item[4] 4. 間欠式バルーンカテーテル自助具(参考品)
Details[4] カテーテルのバルーンを簡単に膨らませることができます

手に麻痺があり、間欠式バルーンカテーテルのバルーンを膨らますことが困難な脊髄損傷者を対象とした自助具です。カテーテル先端を膀胱に挿入後、注射筒が挿入されたカフを手にはめて押すとカテーテル先端のバルーンが膨らみます。三方活栓に取り付けているレバーを回転させてバルーンの膨らみを保持することで膀胱内にカテーテルを留置することができます。

The name of Item[5] 5. 車椅子漕ぎ数カウンター(参考品)
Details[5] 車椅子を漕いだ数を知ることができます

自走式車椅子の駆動輪を漕いだ回数がカウントできる、車いす漕ぎ数カウンターです。車椅子を漕いだ時の強さを強、中、弱の3段階に分けてカウントし、それぞれの合計を表示しています。車椅子のフレームに取り付けることで簡単に漕ぎ数を確認することができます。
【仕様】 40×55×20(mm)

The name of Item[6] 6. 血糖自己測定時の穿刺器具用自助具(参考品)
Details[6] 血糖値測定用穿刺針ランセット(ニプロ)を使用して血糖値を測定する方の穿刺時の操作を軽減します

高齢や手指に麻痺がある患者さんが簡単に穿刺操作を行うことができます。穿刺針の保護キャップを自助具内部に挿入し、穿刺器具本体を回転させながら引き抜くと保護キャップが簡単に外れます。穿刺器具本体を自助具内部に挿入し、穿刺部に自助具先端を押し当てることで穿刺ボタンを押すことなく穿刺することができます。
【仕様】 110×40×Φ30(mm)
【共同開発】 タキゲン製造株式会社
        *PAT申請中

Category of
Exhibit Items

L. Self-Aids Devices

Self-Aids Devices

Prosthetic Devices

Miscellaneous

P. Communication Aids

Aids for Visually Disabled

Aids for Hearing Handicapped Person

Computer for Disabled

Mobiles / Tablets

Miscellaneous

Contact

Secretariat of
Barrier Free/
Post-Acute Medicine Fair/
Nursing Next

1-2-15, Otemae, Chuo-ku, Osaka 540-0008

TEL/+81-6-6944-9913
FAX/+81-6-6944-9912
MAIL/

Contact