講演・セミナー

トップ > 講演・セミナー > バリアフリーワークショップ

バリアフリーワークショップ

会場: 1号館 第1・第2・第3セミナー会場/2号館 第4セミナー会場
定員: 100名
※受講無料・当日会場受付

※4月21日(木) 12:30~13:30に第4セミナー会場にて開講を予定しておりました、おおさかスマートエネルギーセンター「EMS(エネルギーマネジメントシステム)について」は、都合により中止となりました。

※4月21日(木) 15:30~16:30に第3セミナー会場にて開講を予定しておりました、大阪市消防局「救急統計から見られる『予防救急』の重要性」は、都合により中止となりました。

  第1会場 第2会場 第3会場 第4会場
4/21
(木)

10:30~12:00

「福祉用具の情報提供と介護ロボット等に係る取り組み」

11:00~12:00

「転倒・転落骨折の現状と用具による対策」

10:30~12:00

「より良いケアを実現するために~北欧ケアを手がかりに~」

11:00~12:00

「~ぼちぼち貯筋(ちょきん)・ながーく元気! ~『いきいき百歳体操』いつまでも元気で過ごせるように貯筋(ちょきん)体操始めませんか」

12:30~13:30

「せっかく買った福祉車両を安心して使うために」

12:30~13:30

「床ずれ防止用具の正しい選択と使用方法」

12:30~13:30

「私たちが勧める車いすのかたち」

 

14:00~15:00

「より美しく、より健康になるPBBC-プログラムを無料公開」

14:00~15:00

「リフトの積極的な活用方法~リフトによる安全な移乗方法確立と介護者の腰痛予防について~」

14:00~15:00

「併設避難所のすすめ」

14:00~15:00

「おいしい! かんたん!食べやすい!ユニバーサルデザインフードについて」

15:30~17:00

福祉用具国民会議「介護保険要介護『軽度者』に対する政府・財務省方針への対応」

15:30~17:00

「二次障害予防のための姿勢と動作のサポート」

 

15:30~17:00

「サービス付き高齢者向け住宅の現状と今後の展望」

4/22
(金)

10:30~11:30

「福祉用具の正しい使い方」

10:30~12:00

「福祉用具の選択と福祉用具を活用した楽な介助方法を学びましょう。」

10:30~12:00

「高齢者住宅の動向と課題~北欧のパッシブハウス化・介護職員マンパワー削減戦略と日本における未来型高齢者住宅モデル~」

10:30~12:00

「となりの認知症―ともに生きる場を創るために―」

12:00~13:30

「OSの標準アクセシビリティ機能を知らないと損をする!?」

12:30~13:30

「福祉用具に潜む危険(移動機器編)~初心者の方へ~」

12:30~13:30

「車いすシーティング計測のための座位姿勢計測フリーソフトrysisの可能性」

12:30~13:30

「地域包括ケアシステムにおける在宅での食支援」

14:00~15:00

「IoTを活用した高齢者みまもりサービスの提案」

14:00~15:00

「医療介護ベッドの事故と対策及び2015年版JIS規格の概要について」

14:00~15:00

「スマイルケア食の取組について」

14:00~15:00

「命の誕生に寄り添い見守る~私たち助産師のシゴト~」

15:30~17:00

「高齢化を迎えるシンガポール/ASEANの医療・介護の現状~世界展開に向けた基礎知識~」

15:30~16:30

「いっしょに考えようや!~24時間の生活と褥そう~」

15:30~17:00

「18年改正・福祉用具サービスの見直しの問題点」

15:30~17:00

「地域包括ケアの推進と地域支援事業の再編」

4/23
(土)

11:00~12:30

「腰痛予防に役立つ介護技術のノウハウ」~寝返り・起き上がり・移乗動作の介護のポイント~

11:00~12:00

「介護保険制度改正に伴う福祉用具の今後と可能性」

10:30~12:00

「高齢者住宅の種類と選び方」

10:30~12:00

「訪問ナース劇場~アウェーだから楽しい訪問看護師の世界を実感していただける小児やターミナルの物語~」
「ユニフォーム ファッションショー」

13:00~14:30

「慣れ親しんだ地域の支援を一緒に考えませんか?~生活行為向上マネジメントの視点から~」

12:30~13:30

「床ずれ防止と快眠のための『ずれ力』対策の重要性。」

12:30~13:30

「『障害者差別解消法』施行後の『情報保障』~行政機関や事業者に求められる『合理的配慮』を考える」

12:30~13:30

「何をどのように食べる?認知症・嚥下・がん予防まで」

15:00~16:30

「地域包括ケアシステムと嚥下障害」

14:00~15:00

「誰もがみんな普通の暮らし」

14:00~15:00

「調整不要!簡単!快適!機能的!驚きの車椅子シート」

14:00~15:00

「認知症と福祉機器」

 

 

15:30~17:00

「障がいのある子どもたちの活動を支援する身の回りにあるテクノロジー」

15:30~17:00

「認知症の早期診断と介護」

15:30~17:00

「ナイチンゲール『看護覚え書』に学ぶ<DVD鑑賞>~病気は回復過程である~監修者 今泉文子先生をお招きして」

4月21日(木) 定員:100名 受講無料・当日会場受付

1号館 第1セミナー会場

10:30~12:00

「福祉用具の情報提供と介護ロボット等に係る取り組み」

(公財)テクノエイド協会 企画部長 五島 清国氏

○福祉用具システム(TAIS)やニーズ収集提供シテスムに関する取り組み
○福祉用具・介護ロボット実用化支援事業の実施結果
○障害者自立支援機器に係るシーズ・ニーズマッチング強化事業の実施結果
○その他、福祉用具に関する調査研究結果の報告

五島 清国氏

プロフィール

五島 清国氏

1993年 公益財団法人テクノエイド協会 企画部
企画部では、高齢者に関する事業として、福祉用具に関する調査研究の実施及び、情報収集提供システムの運用を行うとともに、厚生労働省から受託した「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」を担当している。
また、障害者に関する事業としては、厚労省から受託する「補装具費支給制度における貸与方式導入の在り方に関する研究」や「障害者自立支援機器シーズ・ニーズマッチング強化事業」を担当している。

12:30~13:30

バリアフリーカー・コンサルタント

「せっかく買った福祉車両を安心して使うために」

バリアフリーカー・コンサルタント 代表 藤野 康典氏
(株)関電L&A リース部 部長 花登 庄平氏

メーカーの枠を超えた福祉車両の専門家として、福祉車両を買った後も安心して長くお使いいただく為のセミナーです。
個人の皆様へのアフターサービス体制はもとより、介護事業者の皆様にお役に立つ福祉車両専用のリース情報もございます。

藤野 康典氏
藤野 康典氏

花登 庄平氏
花登 庄平氏

14:00~15:00

山本化学工業(株)

「より美しく、より健康になるPBBC-プログラムを無料公開」

役員室 代表取締役 社長 山本 富造氏

PBBC-プログラムは弊社が複数の学者の先生と開発した「プレミアムボディケア」です。
皆様ご自身で毎日簡単に出来るプログラムです。
より美しく、より健康にとお考えの皆様是非お越し下さい。(対象年齢20~80歳)

15:30~17:00

福祉用具国民会議
「介護保険要介護『軽度者』に対する政府・財務省方針への対応」

福祉用具国民会議運営委員会

昨年閣議決定された政府の「骨太方針」は歳出削減の矛先を本来平等に分配されるべき社会保障費に向けている。特に介護保険の要介護「軽度」者に対する福祉用具サービス「原則自己負担化」方針は、利用者に不平等かつ大きな負担を強いるものである。方針が出された背景や、用具が利用できなくなった時の弊害などを解説し、私たちのとるべき行動を意見交換します。

プロフィール

福祉用具国民会議運営委員会

社会サービスである「制度」をよりよいものとするため、国民ひとり一人が無関心ではいられません。福祉用具国民会議とは、今後の福祉政策策定に「福祉用具の活用」という視点を持っていただくことを推進する会議体です。

1号館 第2セミナー会場

11:00~12:00

高齢者転倒・転落ダメージ対策協議会

「転倒・転落骨折の現状と用具による対策」

整形外科医、工学博士、メーカー団体からの選抜講師

年間20万人近くの方が転倒・転落で大腿骨頸部骨折をし、寝たきりの原因第3位になっています。本講では、「どこで、どのように、いつ転倒・転落をするのか」など、データに基づいた現状分析と、転倒しやすい人を簡単に判別できる方法、衝撃を緩和する対策用具のヒッププロテクターや床マットレスについてご説明します。

12:30~13:30

JASPA床ずれ防止用具部会 加盟各社選抜講師

「床ずれ防止用具の正しい選択と使用方法」

床ずれ防止用具は、ご利用者様の身体状況や介護環境、体動能力などに応じて適切に選択・使用をしなければいけません。エア、ウレタン、ゲル、シープスキン、ラテックスなど、床ずれ防止用具の代表的な素材の長所だけではなく、短所も含めた特性や選択方法、メンテナンスの裏ワザや、実践研修など盛り沢山な内容です。

14:00~15:00

JASPAリフト関連企業連絡会 会員企業

「リフトの積極的な活用方法
~リフトによる安全な移乗方法確立と介護者の腰痛予防について~」

JASPAリフト関連企業連絡会は、リフトと吊具のメーカー、輸入代理店で構成されている唯一の団体で、リフトの普及促進と安全・安心な利用についての啓蒙や研修会などの取り組みを行っています。
2013年に改定された「職場における腰痛予防対策指針」の中で、「福祉・医療分野等における介護・看護作業」では、全介助の必要な対象者には、リフト等を積極的に使用することになっています。
本ワークショップでは、実際に職場内にリフトを導入にあたっての手順、注意点、リスクと解決策についてと導入後の安全・安心な利用方法についてご説明いたしたいと思います。

15:30~17:00

「二次障害予防のための姿勢と動作のサポート」

生き活きサポートセンターうぇるぱ高知、
ナチュラル・ハートフルケアネットワーク代表 下元 佳子氏

持ち上げ・引きずり・不良姿勢での放置・・・こんなケアで介護者の腰痛ももちろんですが、対象者の褥瘡 拘縮 嚥下・呼吸・排泄障害などの二次障害を引き起こしています。介護者にとってもユーザーにとっても負担のない快適な技術、現場で実践できるポジショニング・移乗・移動のサポートを実技も交えて伝えます。

下元 佳子氏

プロフィール

下元 佳子氏

病院勤務を経て、在宅事業所合資会社オファーズ設立
2004年生き活きサポートセンターうぇるぱ高知を立ち上げ、福祉機器展の開催や研修活動に従事
快適なケアを広げるネットワーク「ナチュラル・ハートフルケアネットワーク」を立ち上げ活動

1号館 第3セミナー会場

10:30~12:00

「より良いケアを実現するために~北欧ケアを手がかりに~」

神戸学院大学総合リハビリテーション学部 教授 備酒 伸彦氏

「地域包括ケア」多くの人々が素晴らしいシステムとしています。もちろん、これは間違いない意見でしょう。では、「地域とは」、「包括とは」、「ケアとは」という問いに答えられるでしょうか。
このセミナーでは「変遷するケア」、「他者に関わる」、「北欧ケア」といった視点から皆様とケアの本質について考えます。

備酒 伸彦氏

プロフィール

備酒 伸彦氏

高知医療学院卒業・神戸大学医学部保健学科博士課程修了
理学療法士・保健学博士
老人病院、総合病院勤務を経て、兵庫県但馬長寿の郷において高齢者ケアに関わる。
その後、神戸学院大学総合リハビリテーション学部勤務

12:30~13:30

近鉄スマイルサプライ(株)
(ファイン財団 シルバーサービス会員)

「私たちが勧める車いすのかたち」

近鉄スマイル福祉用具研究所 所長  森下 弘幸氏

当社は2000年の介護保険開始時からご利用者様が快適・安全で自立した生活に役立てる車いすを厳選してお勧めしてまいりました。今回のセミナーでは当社初のオリジナル車いす「ライナー30」を発表すると共に、次世代の「標準型車いす」とは何かという意見交換の場にいたします。

森下 弘幸氏

プロフィール

森下 弘幸氏

平成12年より顧問として近鉄スマイルサプライの創業に携わる。
平成25年より近鉄スマイル福祉用具研究所所長

14:00~15:00

「併設避難所のすすめ」

LLPユニバーサルデザイン企画 代表
プチハウスなな 代表 栂 紀久代氏

社会環境の変遷に伴い、避難所の在り方をユニバーサルデザインに基づき、避難所は災害弱者も一緒に避難できるように併設避難所を提唱しています。
避難所や災害弱者を中心にして、医療、介護、介助と地域が連携した平時からのネットワーク作りが重要であり、それを支援するのが公助です。

栂 紀久代氏

プロフィール

栂 紀久代氏

2004年 プチハウスなな起業 UD商品の企画・開発
2005~2012年 大阪産業大学大学院 ユニバーサルデザイン講師
2014年 LLPユニバーサルデザイン企画 代表

2号館 第4セミナー会場

11:00~12:00

(公社)大阪府看護協会

「~ぼちぼち貯筋(ちょきん)・ながーく元気 ! ~
『いきいき百歳体操』いつまでも元気で過ごせるように
貯筋(ちょきん)体操始めませんか」

「いきいき百歳体操」のサポーターの皆さん

「いきいき百歳体操」は椅子を使って行う筋力体操です。高齢者の運動機能向上を目指し、閉じこもりや認知症の予防にもつながっています。今回は、「いきいき百歳体操」について、地域での取り組みや現状報告のあと、実際に来場者と共に体操を行います。

14:00~15:00

「おいしい!かんたん!食べやすい!
ユニバーサルデザインフードについて」

日本介護食品協議会 事務局長 藤崎 享氏

・協議会設立とユニバーサルデザインフード
・加工食品であることのメリット
・介護食品に求められる特性
・「おいしさ」と「質」を備える開発力と技術力
など、ユニバーサルデザインフードの特徴について

藤崎 享氏

プロフィール

藤崎 享氏

日本大学農獣医学部卒業。93年4月、社団法人日本缶詰協会に入り、業務部に所属。
04年より普及課長、06年4月より日本介護食品協議会事務局長を兼任。

15:30~17:00

「サービス付き高齢者向け住宅の現状と今後の展望」

(一財)サービス付き高齢者向け住宅協会 副会長 向井 幸一氏

制度創設から5年目を迎えることになったサービス付き高齢者向け住宅は20万戸に迫る勢いで供給されています。高齢者の移住促進政策もあって2016年度の重点政策の一つにもなっています。ただ玉石混交の状態になっており入居率では満室物件もあれば半分も入居していない物件もあります。現状分析から選ばれる住宅についてお話しします。

向井 幸一氏

プロフィール

向井 幸一氏

昭和27年5月28日 広島県生まれ 芝浦工業大学卒業
警視庁入庁後、平成4年3月退任、同年株式会社不動産中央情報センター入社
ゆうゆう壱番館館長、営業本部長、常務取締役を経て平成13年同社を退任。
高齢者住宅の管理運営を目的とする株式会社シルバーライフネットワークを設立し現在にいたる。
サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホームの管理運営に携わる傍ら、高齢者住宅コンサルティングを主な業務としています。

公職

公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 高齢者住宅研究会副会長
住替え支援センター 住替えアドバイザー
一般財団法人 サービス付き高齢者向け住宅協会 副会長
一般財団法人 高齢者住宅財団 理事

その他

高齢者住宅供給企業、医療・社会福祉法人の顧問を数社させていただいています。

著書

公サービス付き高齢者向け住宅実務マニュアル(にじゅういち出版)
新しい高齢者向け賃貸住宅の管理・運営のビジネスモデル(同上)

4月22日(金) 定員:100名 受講無料・当日会場受付

1号館 第1セミナー会場

10:30~11:30

(公社)関西シルバーサービス協会
(ファイン財団 シルバーサービス会員)

「福祉用具の正しい使い方」

近畿大学 建築学部 准教授 山口 健太郎氏

間違った福祉用具の使い方をしていませんか? 使われずに置かれている福祉用具はありませんか?
福祉用具は健康で自立した生活をサポートしてくれる大事な道具です。
そのため介護保険の貸与項目にも含まれています。
今一度、一緒に福祉用具の効果や使い方を見直してみましょう。

プロフィール

山口 健太郎氏

京都大学大学院を修了後、株式会社メトス、国立保健医療科学院研究員を経て、2008年より、近畿大学理工学部建築学科講師、2011年4月より現職。
工学博士、一級建築士。
主な著書「小規模多機能ホーム読本」(編者、ミネルヴァ書房)等

12:00~13:30

(一社)日本支援技術協会

「OSの標準アクセシビリティ機能を知らないと損をする!?」

事務局長 田代 洋章氏

パソコン、タブレットPC、スマートフォンなどのデバイスには、障がいのある人が使う上で便利な機能が、はじめから組み込まれていることをご存知でしょうか?しかも、かなり重い障がいのある人でも利用できるように工夫されています。あまり知られていない各OSの標準アクセシビリティ機能とその周辺機器を紹介します。

田代 洋章氏

プロフィール

田代 洋章氏

約25年にわたり、障がいがある人のための情報支援技術の調査・開発・販売に携わっている。
海外の大手コミュニケーションエイドメーカー製品のローカライズを数多く手がけ、国内でもトーキングエイドをはじめ数多くの製品開発に協力してきた。
障がい者のICT利活用に関して総務省や文部科学省の委員も歴任。

14:00~15:00

パナソニック株式会社

「IoTを活用した高齢者みまもりサービスの提案」

アプライアンス社 事業開発センター 主任技師 大西 聡明氏

パナソニックでは、「エアコンとルームセンサーを用いた高齢者みまもりサービス」の実証実験を実施しております。
実証実験の内容やそこで得られた知見、介護スタッフの声などを紹介させて頂きます。

15:30~17:00

「高齢化を迎えるシンガポール/ASEANの医療・介護の現状
~世界展開に向けた基礎知識~」

日本アシスト シンガポール Medical Project Director
日本人向けPrivate Clinic 医師(シンガポール) 佐藤 健一氏

シンガポールはこれから高齢化に備え、国全体で高齢化対策を進めています。その際に日本の高齢者医療・介護も参考にしており、介護用品が普及する余地が十分あります。ですが、他国で展開するにはその国の生活習慣、考え方、生活環境、医療制度に合わせた戦略が重要になります。
その一方で、各国の医療関係者とのコネクションがないと実際に医療や介護が行われている場面を見学したり、ニーズのヒアリングや製品のデモを行うことは困難です。例えコネクションがあっても、想定したターゲットと異なる施設を訪れるリスクも有ります。
シンガポール国民が受けている公的医療機関にも関わっているため、シンガポールと日本両方の高齢者医療の現場を比較したり、シンガポール人医師と情報を交換する機会が非常に多くあります。この経験を元に、短時間の見学やヒアリングでは触れることの少ない現場の様子を写真を交えて紹介し、かつ日本との比較を含めて分析した内容も説明していきます。
また、同じくらいのスピードで高齢化を迎えるタイの現状も実際の写真をみせるとともに、タイで高齢者医療に関わっている方々の声も紹介します。
これらの情報から、医療・介護関連企業がシンガポールやタイなどのASEANに何をどのように展開していくと良いかのヒントを得ることができるでしょう。

佐藤 健一氏

プロフィール

佐藤 健一氏

1997年札幌医科大学医学部卒業。
日本プライマリ・ケア連合学会専門医、指導医、代議員。
2011年よりシンガポールの日本人向けクリニックで勤務。

医学部卒業後、日本で家庭医としての研修を行い、高齢者医療と家庭医にとってのリハビリテーションの普及に取り組む。現在はシンガポールで日本人向けの外来診療を行う傍ら、シンガポール国民が利用する公的医療機関とのコネクションを活かして、国民向けの医療・介護の現場に日本の介護関連の技術・知識・製品を普及させる取り組みを行う。その一環として2013年、2014年とシンガポール国民向けのPublic Forumをシンガポールの医療機関と共同で開催。高齢化問題に関心のあるシンガポール国民にむけて日本の介護関連情報を伝えている。
また、シンガポールの医療機関の見学や医師の短期見学などのアレンジ、シンガポールから日本の医療・介護施設への視察のアレンジも行い、高齢化問題に関して両国の交流を促進している。

著書

「どうする? 家庭医のための"在宅リハ"」(医学書院)

1号館 第2セミナー会場

10:30~12:00

「福祉用具の選択と福祉用具を活用した楽な介助方法を学びましょう。」

住まいと介護研究所 所長 谷口 昌宏氏

福祉用具の選択と福祉用具を活用した楽な介助方法についてデモも含めてご紹介いたします。

谷口 昌宏氏

プロフィール

谷口 昌宏氏

理学療法士・主任介護支援専門員
理学療法士の免許を取得後、総合病院・リハビリテーションセンターに勤務。平成8年より大阪市社会福祉協議会にて在宅業務(ケアマネ・地域包括)に従事する。特に住宅改修と福祉用具については、理学療法士として専門的に関わる。
平成24年8月より「住まいと介護研究所」を開設し、福祉用具と住宅改修の普及・啓発の講演活動を行っている。

12:30~13:30

日本福祉用具・生活支援用具協会(JASPA)
JASPA安全安心部会・JASPA移動機器関連の部会
電動車いす安全普及協会

「福祉用具に潜む危険(移動機器編)~初心者の方へ~」

福祉用具の事故原因は、誤使用等「使用上の原因」が多いといわれています。このセミナーでは、福祉用具を使用するとき、どんな危険が潜んでいるのか初心者の方にも解りやすく解説します。今回はシルバーカー・手動車いす・電動車いす3品目の気をつけたいポイントをお話します。ご参加お持ちしています。

14:00~15:00

医療・介護ベッド安全普及協議会

「医療介護ベッドの事故と対策及び2015年版JIS規格の概要について」

広報部会長(株式会社プラッツ 取締役広報室長) 石橋 弘人氏

介護ベッドの事故の件数、状況、発生場所さらに事故防止対策等について、当協議会にて作成した注意喚起パンフレット及び注意喚起動画と併せてご説明いたします。また、2015年版のJIS規格の概要についても説明いたします。

プロフィール

石橋 弘人氏

医療・介護ベッドを製造している株式会社プラッツの取締役広報室室長。
医療・介護ベッド安全普及協議会では広報部会長。

15:30~16:30

(一社)日本リハビリテーション工学協会

「いっしょに考えようや!~24時間の生活と褥そう~」

(一社)日本リハビリテーション工学協会/NPO法人ぽしぶる 宮野 秀樹氏

頸髄損傷者で電動車椅子ユーザである、宮野秀樹さんの1日の生活を通して、生活の中に潜む褥そうのリスクと、福祉用具の選択について、下元佳子さん(理学療法士)、中村俊哉さん(エンジニア)とともに考えます。

宮野 秀樹氏

1号館 第3セミナー会場

10:30~12:00

「高齢者住宅の動向と課題 ~北欧のパッシブハウス化・介護職員マンパワー削減戦略と日本における未来型高齢者住宅モデル~」

(株)タムラプランニング&オペレーティング 代表取締役 田村 明孝氏

慢性的に不足する要介護者向け高齢者住宅の現状を分析し今後の方向性を探るとともに、低コスト化や介護職員不足解消に寄与する北欧のモデル事業を紹介して、日本の未来型高齢者住宅のあり方を検討する。

田村 明孝氏

プロフィール

田村 明孝氏

昭和62年、高齢者住宅開設コンサル会社を設立し、全国で約30か所を開設し計画構想づくりは500件を超える。
高齢者住宅に係る全国版データベースを販売。
高齢者住宅経営者連絡協議会 事務局長。

12:30~13:30

大阪河﨑リハビリテーション大学

「車いすシーティング計測のための座位姿勢計測フリーソフトrysisの可能性」

大阪河﨑リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 教授 古井 透氏

本学では、国際基準ISO16840-1準拠の「車いすとそれに乗る人の計測法に関する臨床応用ガイド」の日本語訳に取り組んできました。そこで、ISO16840-1を取り入れた座位姿勢計測用フリーソフト“rysis”(埼玉県産業技術総合研究所 半田隆史 博士 考案)の使い方やメリット・デメリットをわかりやすくご紹介します。世界で標準化されつつある車いすシーティングの表現・表記を知り、座位姿勢のクセや特徴の「見える」化をすすめましょう。

14:00~15:00

「スマイルケア食の取組について」

農林水産省 食料産業局 食品製造課 食品第3班 課長補佐 添野 覚氏

食機能や栄養に関して問題があるという方々に介護食品を幅広く利用していただけるように、「新しい介護食品(スマイルケア食)」が親しみやすく、使いやすいものとなるよう普及していきます。

桃野 慶二氏

平成2年4月 農林水産省入省
食糧庁、通商産業省、総合食料局、東北農政局、独立行政法人農畜産業振興機構出向等を経て現職。

15:30~17:00

(一社)日本福祉用具供給協会

「18年改正・福祉用具サービスの見直しの問題点」

シルバー産業新聞 編集長 安田 勝紀氏

政府は18年改正で軽度者の福祉用具貸与の見直しを提起した。189万人の在宅療養者が利用する福祉用具レンタルや住宅改修に影響必至。一方で、介護人材の枯渇の中で費用対効果の高い福祉用具はますます重要性を増し、政府も介護ロボット開発・普及へ税投入を図っている。福祉用具サービス見直しの現状と問題点を探る。

安田 勝紀氏

プロフィール

安田 勝紀氏

1949年 奈良県生まれ
1975年 立命館大学法学部卒業、同年ドラッグマガジン入社。
1996年11月 「シルバー産業新聞」を創刊。
1999年 9月  シルバー産業新聞社設立、同紙編集発行人として現在に至る。

2号館 第4セミナー会場

10:30~12:00

「となりの認知症 ―ともに生きる場を創るために―」

認知症の人と家族の会 大阪府支部会員、元大阪大学特任教授 西川 勝氏

認知症と呼ばれる老い人の生きる困難に対して、ともに生きる私たちが、どのように取り組んでいくのか。「老いゆくこと」や「できなくなること」を解決すべき問題としてとらえるだけではなく、ともに生きる者としての課題として考えてみましょう。

西川 勝氏

プロフィール

西川 勝氏

1957年大阪生まれ。
看護師、臨床哲学を学び認知症ケアを研究する。
2005年4月より2016年3月末まで大阪大学CSCD特任教員。

12:30~13:30

マルハニチロ(株)

「地域包括ケアシステムにおける在宅での食支援」

福岡クリニック 在宅部栄養課 課長
日本在宅栄養管理学会 副理事長 中村 育子氏

地域包括ケアシステムは住まい、医療、福祉、介護、予防、生活支援が一体的に行われます。管理栄養士の在宅訪問栄養食事指導は、多職種や地域と連携を行って食支援を行います。病院、施設から退院・退所時に行われる在宅の食支援についても、本講演でご紹介致します。

中村 育子氏

14:00~15:00

(公社)大阪府看護協会

「命の誕生に寄り添い見守る~私たち助産師のシゴト~」

(一社)大阪府助産師会
(公社)大阪府看護協会 助産師職能委員会

助産外来・院内助産・開業助産所等の紹介から、助産師として関わる命・性教育問題等について、スライドを用いて解説します。また、ドキュメンタリー映画「うまれる」の一部を上映。命の誕生の瞬間に立ち会い活躍する助産師を紹介します。

15:30~17:00

「地域包括ケアの推進と地域支援事業の再編」

関西大学 教授(人間健康学部) 黒田 研二氏

黒田 研二氏

4月23日(土) 定員:100名 受講無料・当日会場受付

1号館 第1セミナー会場

11:00~12:30

「腰痛予防に役立つ介護技術のノウハウ」
~寝返り・起き上がり・移乗動作の介護のポイント~

理学療法士、大阪府理学療法士会 三島ブロック保健福祉局部員、
日本人工関節学会 会員、日本股関節学会 会員 山下 真人氏

医療介護現場における介護者の腰痛は年々増加しており、腰痛対策は重要な課題です。本研修会では、腰痛予防に着目し身体の使い方や力学的知識、寝返り・起き上がり・移乗動作の介護技術のノウハウをお伝えします。理学療法士が現場で行っている介護の工夫やポイントを動画や写真を交えて解説します。

山下 真人氏

プロフィール

山下 真人氏

2008年3月 関西医療技術専門学校卒業
2008年4月 社会医療法人愛仁会 愛仁会リハビリテーション病院 入職
2012年4月 同法人 高槻病院 転属

13:00~14:30

(一社)大阪府作業療法士会

「慣れ親しんだ地域の支援を一緒に考えませんか?
~生活行為向上マネジメントの視点から~」

地域包括ケアシステムの構築に向けて、私たち作業療法士が支援する活動内容について実践事例を通じて地域で活動される皆さまへご紹介いたします。特に、一人ひとりの意味ある作業に着目しつつ、町づくりにも貢献できる生活行為向上マネジメントは必見です。

15:00~16:30

(一社)大阪府言語聴覚士会

「地域包括ケアシステムと嚥下障害」

副会長 仲原 元清氏

高齢化社会の中で大きな問題となる嚥下障害を地域で如何に支えていくかを私達は考えています。高齢者の食事環境は『栄養』『食形態』『口腔衛生』『嚥下障害の予防』などの面で多くの問題を抱えています。こうした知識やそれに対するサポートは多くの方が医療介護従事者のみならず一般の方も知っておくことが必要です。嚥下障害の専門家である言語聴覚士が具体例を交えながらわかり易くお話させていただきますので是非ともご参加下さい。

プロフィール

仲原 元清氏

河崎病院 リハビリテーション科 科長代理

1号館 第2セミナー会場

11:00~12:00

(一社)全国福祉用具専門相談員協会

「介護保険制度改正に伴う福祉用具の今後と可能性」

厚生労働省老健局高齢者支援課 福祉用具・住宅改修指導官 小林 毅氏

介護保険制度における福祉用具貸与事業に関する最新の状況と、今後の方向性についてお話を伺います。さらに「より専門的知識、経験を有する福祉用具専門相談員の配置」の検討や、介護ロボット等の今後の福祉用具普及への関わり等、福祉用具専門相談員の将来像について考えます。

12:30~13:30

(株)パシフィックウエーブ

「床ずれ防止と快眠のための『ずれ力』対策の重要性。」

代表取締役 田中 啓介氏

これからの床ずれ対策の基本となる「ずれ力吸収素材」の活用によって治癒した床ずれの実例報告と、ずれ吸収実験の実演。
介護における睡眠の重要性と正しい寝姿勢・保持の取り組みについて紹介する。

田中 啓介氏

14:00~15:00

「誰もがみんな普通の暮らし」

(株)万福 代表取締役社長 横山 大典氏、(株)万福 横山 和也氏
LLPユニバーサルデザイン企画 代表 栂 紀久代氏

あたり前があたり前で無くなった時、あなたはどうしますか?突然の事故や病気で障害を持つ身になった時、今の環境で家に帰って今までのような暮らしができるでしょうか。当事者のみならず家族にも大きな負担がのしかかってきます。「誰もがみんな普通の暮らし」を手に入れる為にどうすればいいか。一緒に考えてみましょう。

横山 大典氏
横山 大典氏

横山 和也氏
横山 和也氏

栂 紀久代氏
栂 紀久代氏

プロフィール

横山大典(弟)・和也(兄)

2010年に兄が転落事故により車椅子ユーザーとなり、兄の事故をきっかけに会社を退職し東京から大阪へ。2013年に株式会社万福を兄弟二人で起業。
QOL向上を目指した講演活動、観光&防災、LLPユニバーサルデザイン企画の一員として展開している。

15:30~17:00

(一社)日本支援技術協会

「障がいのある子どもたちの活動を支援する身の回りにあるテクノロジー」

東京大学先端科学技術研究センター 准教授 巖淵 守氏

私たちの身の回りにあるテクノロジー(アルテク)を利用することで、障がいのある人の生活が大きく変わります。タブレットPCやスマートフォンが、体の動きと認知に重い障がいのある子どもたちの活動や、読み書きに困難を抱える子どもたちの学習を支援するツールとなる等、先端のアルテク活用事例を紹介します。

田村 明孝氏

プロフィール

巖淵 守氏

障がいのある人や高齢の人など、様々なバリアを抱える人々に役立つテクノロジーの利用推進とそれを通じた多様性を受け入れる社会の実現を目指して、身の回りにあるテクノロジー(アルテク)を利用した支援技術の研究開発を行っている。

1号館 第3セミナー会場

10:30~12:00

(公社)大阪介護福祉士会

「高齢者住宅の種類と選び方」

アクティブライフ豊中 営業課兼在宅サービス課課長 通所介護管理者 丸尾 仁志氏

有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、シニア向け分譲マンション、グループホーム、介護老人保健施設、特別養護老人ホームなどの高齢者住宅について、居室・共用施設、料金、各種サービス等の違いについて、中立な立場でご説明いたします。

丸尾 仁志氏

プロフィール

丸尾 仁志氏

複数の診療所を経営する医療法人で事務長の統括責任者を経て、高齢者介護サービス事業を運営する大阪ガスグループの株式会社アクティブライフ アクティブライフ豊中に勤務。アクティブライフ豊中では、通所介護の管理者を行う傍ら、今まで培った知識を活かして各地方自治体、各病院、各地域包括支援センター等の主催でメディカルソーシャルワーカー、ケアマネジャー、一般住民を対象として、「高齢者住宅の種類と選び方」、「介護保険制度の上手な使い方」、「生前整理について」等のテーマで出張講師を行っています。

12:30~13:30

(社福)日本ライトハウス

「『障害者差別解消法』施行後の『情報保障』
~行政機関や事業者に求められる『合理的配慮』を考える」

講師:明石市福祉部福祉総務課 障害者施策担当課長 金 政玉氏
司会:(社福)日本ライトハウス情報文化センター館長 竹下 亘氏

本年4月1日から「障害者差別解消法」が施行され、「合理的な配慮」が行政機関や事業者の責務となり、点訳、音訳、手話、要約筆記等の情報保障も求められます。明石市で「手話言語を確立するとともに要約筆記・点字・音訳等障害者のコミュニケーション手段の利用を促進する条例」を立案した金氏を講師に迎え、情報保障のあり方を考えます。

プロフィール

金 政玉氏

1997年 DPI(障害者インターナショナル)日本会議事務局スタッフ
翌年DPI障害者権利擁護センター所長
2010年2月 内閣府障がい者制度改革推進会議担当室政策企画調査官に着任
2014年5月 現職に着任。立命館大学生存学研究センター客員研究員

14:00~15:00

(株)ピーエーエス

「調整不要!簡単!快適!機能的!驚きの車椅子シート」

専務取締役 野村 寿子氏

誰もがわかる!「からだの仕組み」すぐにできる!!「姿勢調整」こんなに変わる!!!「生活動作」 作業療法士 野村寿子が、介護保険レンタル対応のクッション「モールドシート」を使いながら紹介する、すぐに役立つ実践セミナー。

15:30~17:00

「認知症の早期診断と介護」

北大阪医療生活協同組合 本町診療所 所長 山本 秀樹氏

認知症にはご家族が見落としてはならない4つの初期サインがあります。
(1)同じことを何度も言ったり尋ねたりする
(2)置き忘れしまい忘れがあり探し物をよくする
(3)些細なことでもすぐに腹を立てて怒る
(4)今までしていた趣味などに興味を失い、1日中ぼーっとして過ごす。
これらの一つでもあれば専門医にご相談ください。歳だからそんなものだというご家族の判断が致命的になります。認知症は早期診断、治療、介護が必要です。

山本 秀樹氏

プロフィール

山本 秀樹氏

1985年大阪大学医学部加齢医学講座大学院修了。
米国テキサツ州立痴呆疾患センター勤務を経て2001年より現在に至る

2号館 第4セミナー会場

10:30~12:00

(一社)大阪府訪問看護ステーション協会

「訪問ナース劇場~アウェーだから楽しい訪問看護師の世界を実感していただける
小児やターミナルの物語~」
「ユニフォーム ファッションショー」

12:30~13:30

「何をどのように食べる?認知症・嚥下・がん予防まで」

金谷栄養研究所所長、聖隷クリストファー大学非常勤講師 金谷 節子氏

私たちの体は1個の卵から始まり60兆個の細胞で構成されている。その環境は口からはいる食物が原材料。「老いても若々しく」の謎は何をどのように食べるかにつきる。認知症もがんもなるべくしてなる。たとえ遺伝的要因があったとしても、今やそれを超えられる。その謎をわかり易く具体的に学びます。

金谷 節子氏

プロフィール

金谷 節子氏

聖隷三方原病院栄養科長、浜松大学教授、オリンピック強化スタッフとして全日本女子バレーボールチーム栄養サポートを経て現職。

14:00~15:00

「認知症と福祉機器」

国立障害者リハビリテーションセンター研究所 福祉機器開発部長 井上 剛伸氏

井上 剛伸氏

15:30~17:00

(一社)大阪府訪問看護ステーション協会

「ナイチンゲール『看護覚え書』に学ぶ<DVD鑑賞>~病気は回復過程である~
監修者 今泉文子先生をお招きして」

  • バリアフリー・スキルアップセミナー「難病(神経・筋疾患)生活支援・リハビリテーション研究会セミナー」
  • 事前来場登録
  • 団体事前来場登録
  • 出展申し込み
  • 出展のご案内
  • MEDTRADE CONFERENCE OCT 31-NOV 3, 2016 EXPO NOV 1-3, 2016 MEDTRADE SPRING CONFERENCE FEB 27-MAR 1,2017 EXPO FEB 28-MAR 1, 2017
  • Elder Care Asia 2016 出展者募集中!
  • Elder Care Asia 2016 17-20 November 2016 KEC Taiwan
  • MEDICARE TAIWAN

お問い合わせ

バリアフリー展事務局
慢性期医療展事務局
看護未来展事務局

〒540-0008
大阪市中央区大手前1-2-15
(株)テレビ大阪エクスプロ内

TEL/06-6944-9913
FAX/06-6944-9912

お問い合わせフォーム