講演・セミナー

特別講演/会議室F

「呼吸リハビリテーションの普及に向けて」

日本のCOPD患者は、530万人と推定されているが、患者数は26.1万と少なく、多くの患者が未診断、未治療である(厚生省労働省調査 2014年)。日本呼吸器学会は、「COPD診断と治療のためにガイドライン 2018 第5版」を上程して、その治療法を詳細に示した。特に安定期にある患者は薬物療法として各種気管支拡張剤と、非薬物療法として呼吸リハビリテーション(呼吸リハ)を強く推奨している。しかし、COPDと診断されても呼吸リハを処方されている患者は少ない。その原因は「COPDと呼吸リハの認知度」が低いことにある。我々は「COPDと呼吸リハの認知度向上への取り組み」とCOPDに「なぜ呼吸リハが必要か」を再考する。

主催 大阪市援助技術研究室
講師 (公財)結核予防会複十字病院
呼吸ケアリハビリセンター付部長
千住 秀明氏
日時 4月20日(土) 11:00~12:30
会場 インテックス大阪 会議室F(6号館 2階)
定員 108名

千住 秀明氏
千住 秀明氏

この講演・セミナーは定員に達した為、お申し込みいただけません。
※当日キャンセルがある場合、当日受付を行う場合があります。
セミナー会場受付にて係員にお尋ねください。