講演・セミナー

ワークショップ

会場: ワークショップ第1・第2・第3・第4会場(1号館)
定員: 100名
※受講無料・当日会場受付(一部除く)

  第1会場 第2会場 第3会場 第4会場
4/19
(木)

11:00~12:00

「床ずれ防止の基礎知識と用具の選び方」

11:00~12:00

「ロボット技術の介護利用における重点分野改定と求められる機能要素」

11:00~12:00

「医療・介護ダブル改定の最新情報と対策~生産性の向上、採用、利益UPのコツ」

11:00~12:00

「難病の人への福祉用具支援サービス~利用者ニーズに応じた適合支援~」

12:30~13:30

「転倒・転落骨折の現状と衝撃緩和用具による対策」

12:30~13:30

「法改正により、要配慮者施設にも避難計画や訓練が義務付けられました。」

12:30~14:00

「高齢者住宅事業の現状と将来予測」

12:30~13:30

「認知症ケアの先にあること~看取りとその後について~」

14:00~15:00

「医療・介護ベッドの事故と対策及び2015年版JIS規格の概要」

14:00~15:00

「IoT、介護ロボット利用による介護の変革」

14:30~15:30

「認知症予防のための運動コグニサイズ」

14:00~15:00

「あなたにもできる訪問看護の経営~訪問看護・在宅医療連携の経営セミナー~」

15:30~17:00

「“生きる”を支えるケア」

15:30~17:00

「介助者を守る入浴装置の安全基準づくりと実証研究報告」

16:00~17:00

「抱え上げ・持ち上げ・引きずりケアを廃止して介助者・対象者双方のQOLを向上できる職場づくりへ」

15:30~16:30

「町医者が語る在宅医の選び方」

4/20
(金)

11:00~12:00

「痛い ! 怖い ! 移乗介助をリフトを使って無くそう!」

11:00~12:00

「新様式 ! ふくせん福祉用具サービス計画書【選定提案】のご紹介」

11:00~12:00

「医療・介護ダブル改定の最新情報と対策~生産性の向上、採用、利益UPのコツ」

11:00~12:30

「障碍のある人のテクノロジー活用」

12:30~13:30

「ヒヤリ・ハットを知り事故を防ごう(移動機器編)」

12:30~13:30

「モジュール型車いすを活用した福祉用具ビジネス」

12:30~13:30

「介護ロボット 見守りシステムの施設での活用事例について」

13:00~14:00

「~地域でかがやく看護の魅力~「訪問看護の魅力は人々の人生とともに歩めること」」

14:00~15:00

「今、そこにある感染症 !~感染リスクと予防の大切さについて考えよう~結核から梅毒まで大阪の現在」

14:00~15:00

「緊張を与えるケアは、拘縮の原因です !」

14:00~15:00

ICT化検討中の事業所様必見! 業務省力するなら「本当に使えるシステム」を!IoT機器との連携やビッグデータの活用等、現場にも経営陣にも役立つ介護カルテシステム。

14:30~15:30

「高齢者及び障害者に係る福祉用具・介護ロボットの最新情報」

15:30~17:00

「高齢化を迎えるシンガポール/ASEANの医療・介護そしてその進歩」

15:30~17:00

「スウェーデンの電動車いすで広がる世界」

15:30~17:00

「福祉用具の選択と福祉用具を活用した楽な介助方法を学びましょう。」

16:00~17:00

「難病の人への福祉用具支援サービス~利用者ニーズに応じた適合支援~」

4/21
(土)

11:00~12:00

「知って得する!!正しい福祉車両の選び方」

10:30~12:00

「腰痛予防のための天井走行リフトの導入とデンマークでの事例紹介」

11:00~12:00

「医療・介護ダブル改定の最新情報と対策~生産性の向上、採用、利益UPのコツ」

11:00~12:30

「目からウロコの介護技術~安全・安楽な移動・移乗の介護方法~」

12:30~13:30

「認知症をもたらす難聴の最新医療と人工聴覚機器の最前線」

12:30~13:30

「快適な介護環境には「ずれ対策」が必須である!」

12:30~13:30

「認知症は予防できる?~軽度認知障害(MCI)の理解~」

13:00~14:00

「理解る認知症、~超高齢社会で私たちにできること、ともに生きるために~」

14:00~15:00

「体温と姿勢の正常化で人々は甦る」

14:00~14:30

「下肢障害者の運転とQOL向上について」

14:00~15:00

「在宅医療を知ろう」

14:30~15:30

「OTON GLASSが目指す見え方の多様な社会」

15:30~17:00

「発音と食事のリハビリテーション」

15:30~16:30

「人工呼吸器使用者の私がハワイに行って感じたこと~重度障害者の海外旅行における、福祉用具や交通アクセスの課題~」

15:30~17:00

「地域で支えよう! ひとりひとりの認知症の方の生活」

16:00~17:00

「施設における労働安全衛生マネジメントの基本~ノーリフトケア®の活用~」

4月19日(木)定員:100名 受講無料・当日会場受付(一部除く)

ワークショップ第1会場(1号館)

11:00~12:00

JASPA床ずれ防止用具部会

「床ずれ防止の基礎知識と用具の選び方」

公認講師陣

ご利用者様の身体状況や介護環境に応じて適切に床ずれ防止用具を選択・使用できるように、素材別の特性、最適な選び方、安全な使い方を、体圧センサーを使った実演も交えて説明いたします。

12:30~13:30

高齢者転倒・転落ダメージ対策協議会

「転倒・転落骨折の現状と衝撃緩和用具による対策」

業界団体理事/アクションジャパン(株) 西村 健司氏

寝たきりの原因の第5位である転倒・転落。本講では「どのような人が、どこで、どのように、いつ転倒・転落をするのか」等、データに基づいた現状と対策用具について、ご説明と体験をしていただけます。

14:00~15:00

医療・介護ベッド安全普及協議会

「医療・介護ベッドの事故と対策及び2015年版JIS規格の概要」

介護ベッドの事故の状況、発生場所さらに事故防止対策及び2015年版のJIS規格の概要について説明いたします。また、当協議会にて作成した注意喚起パンフレット及び注意喚起動画をご紹介させていただきます。

15:30~17:00

「“生きる”を支えるケア」

神戸学院大学 総合リハビリテーション学部 理学療法学科 備酒 伸彦氏

昨年末に母を自宅で看取りました。
わずかな日数の介護でしたが、様々なことを考えさせてくれました。特に印象深いのが訪問看護師との出会いです。彼女のコンサルテーションによって母も私も支えられました。
今回は例年の北欧の話に加え、一歩踏み込んでケアについて考えてみたいと思います。

備酒 伸彦氏

ワークショップ第2会場(1号館)

11:00~12:00

「ロボット技術の介護利用における重点分野改定と求められる機能要素」

神戸学院大学 総合リハビリテーション学部 教授 古田 恒輔氏

平成29年6月9日に閣議決定された「未来投資戦略2017」において、ロボット技術を用いた介護利用において、自立支援による高齢者の生活の質(QOL)の維持・向上、介護負担軽減の実現を目指した重点分野の見直しにより、新たに1分野5項目が追加されています。今回は、今までと異なり、有識者による求められる機能についての調査と報告がありました。これら重点分野の概要をご紹介するとともに、メーカーのご協力の下、実機が展示会場にある場合、開発、実証、普及啓発のものについて見ていただきます。

古田 恒輔氏

12:30~13:30

プチハウスなな LLPユニバーサルデザイン企画

「法改正により、要配慮者施設にも避難計画や訓練が義務付けられました。」

代表 栂 紀久代氏

水防法や土砂災害防止法が改正され、要配慮者利用施設の避難確保計画の作成と避難訓練の実施が義務付けられました。命を守る事を基本に考え、利用者のみならず、働いている方の安全・安心を見直してください。

栂 紀久代氏

14:00~15:00

トーテックアメニティ(株)

「IoT、介護ロボット利用による介護の変革」

新経営サービス清水税理士法人 医療・福祉部門 医科歯科介護アドバイザーリーダー 大谷内 裕氏

介護サービスを利用する高齢者は年々増加傾向にあり、介護スタッフの人員不足や負担増大といった課題が多くなっています。このような中、「人」と「介護ロボット」が連携することによる最適な介護サービスをご紹介します。

15:30~17:00事前登録

NPO法人日本アビリティーズ協会

「介助者を守る入浴装置の安全基準づくりと実証研究報告」

(独)労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所 機械システム安全研究グループ 情報学博士
岡部 康平氏

病院・福祉施設で使われている入浴装置には、未だ技術指針がなく、実際に大きな事故も発生しています。3年間の研究で、入浴装置に求めるべき事項や、介護現場に求める事項などを調査し、技術指針としてまとめました。今後どのような入浴装置にしなければならないかを、分かりやすく説明します。

詳細を見る

ワークショップ第3会場(1号館)

11:00~12:00

(株)エス・エム・エス

「医療・介護ダブル改定の最新情報と対策
~生産性の向上、採用、利益UPのコツ」

介護経営支援事業部 介護経営コンサルタント 星野 公輔氏

4月に介護報酬改が迫る中で、制度の最新情報から具体的対策までを徹底解説します。業務効率化や人材定着、採用、営業などの対策事例をもとに、制度改正に左右されない介護経営の実現についてご説明します。

星野 公輔氏

12:30~14:00

「高齢者住宅事業の現状と将来予測」

(株)タムラプランニング&オペレーティング 代表取締役 田村 明孝氏

講演内容:1.日本の高齢者住宅・施設の供給状況
2.関西圏の高齢者住宅・施設・地域密着型の需要と供給 都市別ランキング
3.介護付有料老人ホームランキング 入居率・価格などから品質を探る
4.2030年の高齢者住宅に求められるもの 居住空間・食事・介護・看取りなど
5.その他

プロフィール

田村 明孝氏

田村 明孝氏

1987年「タムラ企画」(現タムラプランニング&オペレーティング)を設立し代表に就任。高齢者住宅開設コンサル500件以上。開設ホーム30棟超。高齢者住宅・介護保険居宅サービス・エリアデータをデータベース化し販売。「高齢者の豊かな生活空間開発に向けて」研究会主宰、2018年3月で105回を開催。2030年の高齢者住宅モデルプランを作成し公表。
一方で高齢者住宅への入居検討者に対する相談センターも開設している。毎年北欧視察を主宰して2018年5月開催で40回を数える。高齢者住宅入居相談センターも開設。テレビラジオ出演や書籍出版多数。高齢者住宅経営者連絡協議会事務局長。

14:30~15:30

(公社)大阪介護福祉士会

「認知症予防のための運動コグニサイズ」

(一社)ヘルスケア人材教育協会 顧問 重松 義成氏

重松 義成氏

16:00~17:00

(一社)ナチュラルハートフルケアネットワーク

「抱え上げ・持ち上げ・引きずりケアを廃止して
介助者・対象者双方のQOLを向上できる職場づくりへ」

代表理事 下元 佳子氏

「抱え上げない・持ち上げない・引きずらない介助」は介助者の負担が軽減するばかりでなく、対象者の自立を促進し、拘縮や床ずれなどの二次障害を予防することにつながります。働き方を変えて双方のQOLを守れるケアを実践できる職場づくりを考えてみませんか。高知でのノーリフティングの取り組み実践から学んだ「組織作りや地域づくりのコツ」をお伝えします。

下元 佳子氏

ワークショップ第4会場(1号館)

11:00~12:00

大阪市援助技術研究室

「難病の人への福祉用具支援サービス~利用者ニーズに応じた適合支援~」

主任研究員 米﨑 二朗氏
研究員 池田 真紀氏

難病による重度障がいのある人への福祉用具支援サービスの実際を紹介するとともに、支援のポイントについて解説します。
今回は、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症等の神経難病、筋ジストロフィーなどを主な対象としてお話します。

米﨑 二朗氏
米﨑 二朗氏

池田 真紀氏
池田 真紀氏

12:30~13:30

「認知症ケアの先にあること~看取りとその後について~」

(公社)認知症の人と家族の会 大阪府支部 副代表 西川 勝氏

認知症のケアは長期にわたることが多いのですが、その経過の中で課題は次々に変化します。看取りを終えた後にも遺族は、整理しきれない思いに悩みます。人が老いて、病み、死ぬということを考えます。

西川 勝氏

14:00~15:00

(一社)大阪府訪問看護ステーション協会

「あなたにもできる訪問看護の経営
~訪問看護・在宅医療連携の経営セミナー~」

(公社)日本訪問看護財団 常務理事 佐藤 美穂子氏
(有)志宝 代表取締役 片岡 桂子氏(起業ナース)

訪問看護事業所は全国で9735まで増えました。しかし安定経営と質の担保が喫緊の課題です。事業運営支援・人材育成・制度改善の政策提言と全国を率いてこられた佐藤氏にズバリ経営を語っていただきます。大阪の企業ナース片岡氏を座長に。

佐藤 美穂子氏
佐藤 美穂子氏

片岡 桂子氏
片岡 桂子氏

15:30~16:30

在宅医療展2018セミナー

日本慢性期医療協会

「町医者が語る在宅医の選び方」

長尾クリニック 院長 長尾 和宏氏

沢山のご著書で医療・介護・そして人間をわかりやすく解説されているDr.和のご講演。明日からの暮らしにきっとお役に立ちます。

長尾 和宏氏

詳細を見る

4月20日(金)定員:100名 受講無料・当日会場受付(一部除く)

ワークショップ第1会場(1号館)

11:00~12:00

JASPA介護リフト普及協会

「痛い ! 怖い ! 移乗介助をリフトを使って無くそう!」

(株)楽々サービス 認定作業療法士 松本 多正氏

リフトは介護する方の腰痛予防だけでなく、介護される方が、移乗介助で「痛い! 怖い!」思いをしないで移乗ができる便利な福祉用具です。リフトで移乗することで快適な移乗が可能になることをお話したいと思います。 

12:30~13:30

JASPA安全安心部会

「ヒヤリ・ハットを知り事故を防ごう(移動機器編)」

日本福祉用具・生活支援用具協会 各部会長

本セミナーは「シルバーカー」「手動車いす」「電動車いす」の、重大事故につながるリスクのある「ヒヤリ・ハット」を、動画による事例を交え経験豊富な講師が解説します。福祉用具の初心者の方にお薦めです。

14:00~15:00

(公社)大阪府看護協会

「今、そこにある感染症 !~感染リスクと予防の大切さについて考えよう~
結核から梅毒まで大阪の現在」

近畿大学医学部附属病院 感染症看護専門看護師 久光 由香氏

決して他人事ではない「感染症」について、大阪の現状を紹介しながら、予防の大切さについて、感染症看護専門看護師の立場からお話します。

久光 由香氏

15:30~17:00

「高齢化を迎えるシンガポール/ASEANの医療・介護そしてその進歩」

JSIP (Japan Singapore Inter-Professional Collaboration) 主宰
Healthway Japanese Medical Centre 医師
日本アシスト シンガポール Medical Project Director 医師 佐藤 健一氏

世界が高齢化を迎えていく中、日本の医療・介護製品や技術が普及する余地が十分ありますが、他国での展開にはその国の生活習慣、考え方、生活環境、医療制度に合わせた戦略が重要になります。そして、過去から現時点への医療施設の変化、医療制度の進む方向を知ることなしには適切な展開は難しいでしょう。
また、思っている以上にシンガポールの医療・介護は進んでいますし、追い抜かれています。
この講演では、講演者自身が実際に医療機関を視察した際の写真を元に現状を解説することで、医療・介護関連企業がASEAN地域でどのような製品が求められているのか、どのような製品であれば展開していけるかについて学ぶ機会を提供したいと思います。

佐藤 健一氏

ワークショップ第2会場(1号館)

11:00~12:00

(一社)全国福祉用具専門相談員協会

「新様式 ! ふくせん福祉用具サービス計画書【選定提案】のご紹介」

(株)バリオン 代表取締役 金沢 善智氏

平成30年介護保険の改正に対応した「ふくせん福祉用具サービス計画書【選定提案】」について説明いたします。ご利用者に対する全国平均貸与価格等の説明、複数商品の提示に対応した新様式となります。

金沢 善智氏

12:30~13:30

近鉄スマイルサプライ(株)(ファイン財団シルバーサービス会員)

「モジュール型車いすを活用した福祉用具ビジネス」

専務取締役 近鉄スマイル福祉用具研究所 所長 森下 弘幸氏

シーティングがリハビリテーション料に算定される中、海外製やオリジナルの高機能なモジュール型車いすの選定、フィッテングを武器にして行う医療機関や福祉施設への福祉用具の提案方法と具体的な事例を説明します。

森下 弘幸氏

14:00~15:00

(一社)こうしゅくゼロ推進協議会

「緊張を与えるケアは、拘縮の原因です !」

スーパーアドバイザー
松尾 清美氏、大渕 哲也氏
山形 茂生氏、白石 源成氏

利用者に緊張や苦痛を与えるケアを続けると、筋肉の緊張が解けず筋肉が硬直したままの状態が続き、結果、拘縮となるということが分かってきました。セミナーでは、施設の実例や大分県の取り組み、移乗方法の落とし穴などについて専門家が解説します。

松尾 清美氏
松尾 清美氏

大渕 哲也氏
大渕 哲也氏

山形 茂生氏
山形 茂生氏

白石 源成氏
白石 源成氏

15:30~17:00事前登録

NPO法人日本アビリティーズ協会

「スウェーデンの電動車いすで広がる世界」

ペルモビール(株) コミュニティマネージャー ジョシュア・ドミニク氏

すべての障がい者が使う機器は、我々が日常生活で使用するモノと同じ技術レベルで制作されるべきである。
全ての障がい者はその機器を使い、可能な限り援助される権利を持っているという理念のもと、ペルモビール社は障がいを持った人のQuality of Lifeを高めるための電動車いすを提供している。

ジョシュア・ドミニク氏

詳細を見る

ワークショップ第3会場(1号館)

11:00~12:00

(株)エス・エム・エス

「医療・介護ダブル改定の最新情報と対策
~生産性の向上、採用、利益UPのコツ」

介護経営支援事業部 介護経営コンサルタント 星野 公輔氏

4月に介護報酬改が迫る中で、制度の最新情報から具体的対策までを徹底解説します。業務効率化や人材定着、採用、営業などの対策事例をもとに、制度改正に左右されない介護経営の実現についてご説明します。

星野 公輔氏

12:30~13:30

NISSHA(株)/NDソフトウェア(株)

「介護ロボット 見守りシステムの施設での活用事例について」

(社福)京都福祉サービス協会 特別養護老人ホーム紫野 総務部長兼介護部長 森 賢一氏

介護ロボット・見守りシステムの施設での活用事例について、各種センサーを活用した見守りや介護記録ソフトとの連携による介護記録の省力化など、特別養護老人ホームでの導入効果を交えながらご紹介します。

14:00~15:00

(株)富士データシステム

ICT化検討中の事業所様必見! 業務省力するなら「本当に使えるシステム」を!
IoT機器との連携やビッグデータの活用等、現場にも経営陣にも役立つ介護カルテシステム。

営業事業部 営業課 係長 水野 勤也氏

介護事業所に必須な記録ICT。システム導入後に「結局使われていない」なんてことありませんか?現場の業務省力はもちろん、今後のIoT連携やビッグデータの活用を見据え、「本当に使える」ことを追求したシステムをご紹介します。

15:30~17:00

「福祉用具の選択と福祉用具を活用した楽な介助方法を学びましょう。」

住まいと介護研究所 所長 谷口 昌宏氏

福祉用具の選択と福祉用具を活用した楽な介助方法についてデモも含めてご紹介いたします。

プロフィール

谷口 昌宏氏<

谷口 昌宏氏

理学療法士・主任介護支援専門員
理学療法士の免許を取得後、総合病院・リハビリテーションセンターに勤務。平成8年より大阪市社会福祉協議会にて在宅業務(ケアマネ・地域包括)に従事する。特に住宅改修と福祉用具については、理学療法士として専門的に関わる。
平成24年8月より「住まいと介護研究所」を開設し、福祉用具と住宅改修の普及・啓発の講演活動を行っている。

ワークショップ第4会場(1号館)

11:00~12:30

(一社)日本支援技術協会

「障碍のある人のテクノロジー活用」

日本マイクロソフト(株) 技術統括室 大島 友子氏

テクノロジーは多様な人々のさまざまな可能性を引き出します。「見ること」「聞くこと」「話すこと」「操作すること」をテクノロジーがどう支援するのか、具体的技術と製品を紹介いたします。

大島 友子氏

13:00~14:00

(一社)大阪府訪問看護ステーション協会

~地域でかがやく看護の魅力~
「訪問看護の魅力は人々の人生とともに歩めること」

淀川キリスト教病院 高澤 洋子氏

訪問看護の制度ができはや四半世紀を超えました。その以前から実践を始めていた方がここにいます。かがやく地域での看護の魅力と次世代へのメッセージを語っていただきます。

高澤 洋子氏

14:30~15:30

「高齢者及び障害者に係る福祉用具・介護ロボットの最新情報」

(公財)テクノエイド協会 企画部長 五島 清国氏

五島 清国氏

16:00~17:00

大阪市援助技術研究室

「難病の人への福祉用具支援サービス~利用者ニーズに応じた適合支援~」

主任研究員 米﨑 二朗氏
研究員 池田 真紀氏
国立病院機構八雲病院 田中 栄一氏

難病による重度障がいのある人への福祉用具支援サービスの実際を紹介するとともに、支援のポイントについて解説します。
今回は、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症等の神経難病、筋ジストロフィーなどを主な対象としてお話します。

米﨑 二朗氏
米﨑 二朗氏

池田 真紀氏
池田 真紀氏

田中 栄一氏
田中 栄一氏

4月21日(土)定員:100名 受講無料・当日会場受付(一部除く)

ワークショップ第1会場(1号館)

11:00~12:00

NPO法人バリアフリーカー・コンサルタント

「知って得する!!正しい福祉車両の選び方」

理事長 藤野 康典氏

藤野 康典氏

12:30~13:30

京都メディカルコンサル

「認知症をもたらす難聴の最新医療と人工聴覚機器の最前線」

(公財)田附興風会 医学研究所 北野病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 主任部長
(医)淀さんせん会 金井病院 鼓膜再生外来 金丸 眞一氏

認知症をもたらす難聴、その難聴に関する様々な医療現場での最新情報を提供。難聴のしくみや程度、補聴器と人工聴覚機器(人工内耳・中耳)、そして鼓膜再生療法を含めた最前線の医療をわかりやすく解説いたします。

14:00~15:00

山本化学工業(株)

「体温と姿勢の正常化で人々は甦る」

代表取締役社長 山本 富造氏

安眠、免疫力、痴呆、疲れ目、姿勢、夜間頻尿、遺伝子など30年間培ったノウハウでカラダにいいこと全部お教えします!
驚異の新素材「バイオエスペランサ」登場 健康の基本はこれだ!

山本 富造氏

15:30~17:00

(一社)大阪府言語聴覚士会

「発音と食事のリハビリテーション」

(株)コンパス 代表取締役 永耒 努氏

言語聴覚士は、言語や発音、食事の問題へのリハビリテーションを担当しています。口の機能の問題のとらえ方や、リハビリテーションの方法などどのような形で進めて行くのかをご紹介しますので、是非ご参加ください。

永耒 努氏

ワークショップ第2会場(1号館)

10:30~12:00事前登録

NPO法人日本アビリティーズ協会

「腰痛予防のための天井走行リフトの導入とデンマークでの事例紹介」

グルドマン A/S コンサルティンググループ
理学療法士
エルゴノミクスコンサルタント ニルス=ピーター・ソーラセン氏

介護者と介護を受ける人の安全のために、欧米の福祉施設や病院ではリフトを使用しての介助が前提となっていますが、日本ではまだマンパワーに頼っている場面が多くあります。リフト導入に際して考慮することや活用の利点、デンマークと各国での事例をお話します。

ニルス=ピーター・ソーラセン氏

詳細を見る

12:30~13:30

(株)パシフィックウエーブ

「快適な介護環境には「ずれ対策」が必須である!」

代表取締役 田中 啓介氏

日本褥瘡学会において重要課題として取り上げられている、ずれ力の対策について具体的にずれ吸収機能素材を用いて説明します。

田中 啓介氏

14:00~14:30

ヒカル自動車

「下肢障害者の運転とQOL向上について」

(株)ニコ・ドライブ 代表取締役 神村 浩平氏

交通事故により車椅子生活となった当事者としての経験を基に、足に不自由を持つ方にとっての自動車運転再開が、具体的にどのように生活の質を向上させるかについて。
PT・OT・リハ医師の方はぜひご来場ください。

神村 浩平氏

15:30~16:30

(一社)日本リハビリテーション工学協会

「人工呼吸器使用者の私がハワイに行って感じたこと
~重度障害者の海外旅行における、福祉用具や交通アクセスの課題~」

兵庫頸髄損傷者連絡会 米田 進一氏
(一社)日本リハビリテーション工学協会 関西支部幹事 宮野 秀樹氏

人工呼吸器使用者で電動車椅子で移動を行ってる米田進一さんの海外旅行の経験から、重度障害者が海外旅行をする際の、福祉用具や交通アクセスに対する工夫や課題について、またそれらを今回どの様に解決したか等、議論をしていきます。

米田 進一氏
米田 進一氏

宮野 秀樹氏
宮野 秀樹氏

ワークショップ第3会場(1号館)

11:00~12:00

(株)エス・エム・エス

「医療・介護ダブル改定の最新情報と対策
~生産性の向上、採用、利益UPのコツ」

介護経営支援事業部 介護経営コンサルタント 星野 公輔氏

4月に介護報酬改が迫る中で、制度の最新情報から具体的対策までを徹底解説します。業務効率化や人材定着、採用、営業などの対策事例をもとに、制度改正に左右されない介護経営の実現についてご説明します。

星野 公輔氏

12:30~13:30

(公社) 関西シルバーサービス協会(ファイン財団シルバーサービス会員)

「認知症は予防できる?~軽度認知障害(MCI)の理解~」

(一社)日本認知症予防協会 理事 井上 忠氏

認知症になる前段階の軽度認知障害を理解し、早期発見・回復・予防を行い、結果として認知症予防につながることを講演する。

井上 忠氏

14:00~15:00

在宅医療展2018セミナー

日本慢性期医療協会

「在宅医療を知ろう」

いばらき診療所 理事長 照沼 秀也氏

茨城県で5箇所の診療所と数多くの在宅サポート部門を運営されている照沼先生から在宅医療運営のノウハウ、診療の実際、これからの在宅医療のあり方についてご講演いただきます。

照沼 秀也氏

詳細を見る

15:30~17:00

(一社)大阪府作業療法士会

「地域で支えよう! ひとりひとりの認知症の方の生活」

(医)順心会 順心リハビリテーション病院
地域リハビリテーションセンター 副センター長
(一社)兵庫県作業療法士会 会長
(一社)日本作業療法士協会
認知症の人の生活支援推進委員会 委員長
認知症専門作業療法士
長倉 寿子氏

「人は意味のある生活行為ができる事で、心や身体が元気になる」という作業療法の観点から、認知症の方の「その人らしさ」や「できる事」に注目し、地域で共に生活していくための支援の在り方、介護負担の軽減について考えます。

長倉 寿子氏

ワークショップ第4会場(1号館)

11:00~12:30

(公社)大阪府理学療法士会

「目からウロコの介護技術~安全・安楽な移動・移乗の介護方法~」

特定医療法人清翠会 牧病院デイケアセンター責任者 土井 浩史氏

移乗動作の介護方法について理学療法士の視点でお話します。
1.移乗動作のメカニズム
2.介護者の身体の使い方
3.福祉機器導入のポイント

土井 浩史氏

13:00~14:00

(公社)大阪府看護協会

「理解る認知症、
~超高齢社会で私たちにできること、ともに生きるために~」

社会医療法人きつこう会 多根総合病院 認知症看護認定看護師 仲 由紀子氏

認知症を理解し、認知症の方に寄り添い共に生きるために、認知症看護認定看護師の立場からお話します。

仲 由紀子氏

14:30~15:30

(社福)日本ライトハウス

「OTON GLASSが目指す見え方の多様な社会」

講師:(株)OTON GLASS 高橋 昌希氏
司会:(社福)日本ライトハウス 情報文化センター サービス部長 岡田 弥氏

OTON GLASSとは、目の前の文字をカメラで撮影し、文字認識技術で音声に変換して読み上げる眼鏡型デバイスです。視覚障害者や読字障害者の生活が大きく変わるかもしれません。また、翻訳機能があり、外国でも利用できます。今回はデモンストレーションを行いながら、OTON GLASSの可能性についてお話します。

高橋 昌希氏

16:00~17:00

(一社)日本ノーリフト®協会

「施設における労働安全衛生マネジメントの基本
~ノーリフトケア®の活用~」

(一社)日本ノーリフト®協会 特別顧問
滋賀医科大学 社会医学講座 准教授 垰田 和史氏

2013年に厚生労働省が改定した「職場における腰痛予防対策指針」では、社会福祉施設や病院、特別支援学校などでの抱きかかえての介護・看護が原則禁止され、補助機具の活用が指示されました。対策指針の解説と実践施設例を紹介します。

垰田 和史氏