出展者・出展製品検索

出展者詳細

出展者名 株式会社カワムラサイクル
英文社名 KAWAMURA CYCLE .,LTD
小間番号 3-401
住所

〒651-2411

兵庫県

神戸市西区上新地3-9-1

ホームページURL http://www.kawamura-cycle.co.jp/
電話番号 078-969-2800
FAX番号 078-969-2811
PR文 今年のバリアフリー展では・・・
これまで非公開であったNEW定番モデルを発表させていただきます!!!
詳細はその時までお伝えできませんが、ブースでじっくりご説明させていただきますので、是非お越しください。

カワムラサイクルロゴマーク

出展製品[1] ぴったりフィットくるーん
出展製品詳細[1] とてもコンパクトなリクライニングです。

●ネーミングの由来は?・・・
『くるーん』
くる~んッと小回りができるくらいコンパクトな設計からきており、在宅でも取り回しやすいサイズです。折りたたみも標準車いす並みに小さくできます。
『ぴったりフィット』
リクライニングするとお尻も一緒に下がる「新リクライニング機構」を採用しており、座ったときに『ぴったりとフィットする』ところからきています。前ズレしにくく、座位も安定しやすいのが特長です。

●新しくなったところは?・・・
「枕」に4mmと6mmの大粒ビーズを採用しており、身体状況に合わせて隙間なく形を合わせることができます。左右で厚みの調整も可能です。

●最後に・・・
展示会では、試乗できるようになっておりますので、是非「枕」の感じも合わせてご体感ください。

出展製品[2] ふわりす・座幅42cm
出展製品詳細[2] 自走用9.6kg・介助用8.9kgの超軽量車いす『ふわりす』に座幅42cmが加わりました!

●ネーミングの由来は?・・・
軽さを連想する『ふわり』と『軽い車いす』の造語から生まれました。

●こだわった点は?・・・
(1)アームサポートの長さ (立ち上がりしやすさに配慮しました)
(2)押手高さ (従来86⇒89cmで、腰にかかる負担を軽減します)
(3)ブレーキ性能 (制動力のある介助ブレーキは標準車と同じ仕様です)
(4)耐荷重100kg (剛性があって安心してご利用いただけます)

車いすを『軽量化』するには、(1)部品点数を減らす・(2)材質を変える・(3)構造を見直す等で、標準車いすよりも使い勝手が劣る場合があります。『ふわりす』を企画・開発する上で、『標準車いす並み(耐荷重100kg)の装備・使い勝手で、本体重量10kg以下を実現する』という難しい挑戦からスタートしました。

結果としまして、耐荷重100kgで本体重量9.6kgを実現し、装備も使い勝手も標準車いすレベルを実現しました。おかげさまで、カワムラサイクルを代表するモデルの位置づけとなり、お客様からのご要望にお応えして座幅42cm仕様もラインナップさせていただきました。

●移乗機能(多機能)を有するタイプは?・・・
兄弟モデルで『ふわりすプラス(KFP)』があります。
移乗に便利な「アームサポート跳ね上げ式」や「スイングアウト脚部」が装備されております。
こちらのモデルにも座幅42cmをラインナップさせていただきました。

出展製品[3] アシスト歩行車・フラティア
出展製品詳細[3] アシスト機能が付いた四輪歩行車です。

●ネーミングの由来は?・・・
独自のセンシング技術により、上り坂でも下り坂でもフラットな路面を歩く感覚でご利用いただけるというところからきています。

●センシング技術とは?・・・
(1)上り坂:斜面に合わせてアシスト量を調整します。
(2)下り坂:自動的に制動ブレーキが作動し、ゆっくり歩行できます。
(3)セパレートブレーキ:人と歩行車が離れるとセンサーで感知して自動で止まります。転倒を防止することができる安心機能です。

●その他・・・
・速度の設定は3段階で調整できます。(設定速度以上になると抑速します)
・速度の設定が遅いほど抑速する力が強くなります。
・バッテリーの充電時間は80分で5時間の連続動作ができます。(目安)
・抑速時に発生した電力をバッテリーに戻す回生電力が働きます。
・バッテリーを装着したまま折りたたみ・自立も可能で、コンパクトに収納可能です。

出展カテゴリ

A. 介護ロボット

介護ロボット関連

G. 移動機器関連

普通車いす・電動車いす

自転車

ストレッチャー

シルバーカー

歩行器・歩行車

車いす用クッション

車いす用レインコート

その他移動機器関連