出展者・出展製品検索

出展者詳細

出展者名 株式会社富士データシステム
英文社名 Fuji Data System ,Inc
小間番号 2-211
住所

〒422-8067

静岡県

静岡市駿河区南町18番1号

サウスポット静岡15F

Address

South pot Shizuoka 15F,18-1,Minamicho,Suruga-ku Shizuoka-shi,Shizuoka,422-8067,Japan

ホームページURL www.flds.co.jp
メールアドレス sales@flds.co.jp
電話番号 054-202-0300
FAX番号 054-202-0277
Telephone +81-54-202-0300
Facsimile +81-54-202-0277
PR文 富士データシステムのCAREKARTEは介護ロボットや見守りセンサーとの連携が可能。溜まった記録をビッグデータとして活用する研究も進めており、将来を見据えた「介護に活かす」記録システムを提供しています

富士データシステム

出展製品[1] 稼働率No.1!全国約5,000事業所で稼働中!記録業務を大幅に省力できる「CAREKARTE(ケアカルテ)」
出展製品詳細[1] 介護事業所版電子カルテ。iPadでいつでもどこでも誰でも簡単に記録の入力が可能。介護請求メインの介護ソフトではなく介護記録メインの介護ソフトです。もちろん介護請求も可能で日々の記録を元に請求データを自動作成します。全ての介護保険サービス、障害者総合支援サービスに対応します。

出展製品[2] 業界初!スマホ1台で状態把握・記録入力・コール対応内線が可能な「CAREKARTE(ケアカルテ)」
出展製品詳細[2] センサーマット・ナースコール・CAREKARTEの連携でIoT・ICTの新しい活用が実現。利用者の睡眠状態からナースコール内容、ケース記録を併せて分析すれば、より正確な状態把握が可能です。得られる効果はスタッフ2名分の労働時間の削減(約17時間/日)。削減した時間でサービスの質向上を図りませんか?

出展製品[3] ビッグデータを使って予測ケアに活かす「CAREKARTE(ケアカルテ)」
出展製品詳細[3] 日々の記録、活用できていますか?CAREKARTEの便利な集計・分析機能を使って蓄積した記録(ビッグデータ)を解析すれば、転倒事故等のリスク回避や病の早期発見につながることも。富士データシステムはビッグデータを介護に活かす研究に取り組んでいます。CAREKARTEで「活用される記録」をとりましょう。

出展製品[4] 将来を見据えたICT!外国人でも使えるシステム「CAREKARTE(ケアカルテ)」
出展製品詳細[4] 職員にあわせて日本語+外国語での記録項目を表示し、さらに介護マニュアルも表示できるシステムを開発中です。海外視察を定期的に行っており、外国人介護人材に関わる情報もご提供できます。技能実習制度が本格的に始まった今、言葉の壁はシステムで解決し、介護人材不足を解消しませんか?

出展製品[5] 最新のIoT連携!バイタルを自動記録できる「CAREKARTEバンド」
出展製品詳細[5] 自動で定期的に脈拍・血圧・歩数を計測できるCAREKARTEバンド。iPadに専用アプリを入れておき、リストバンドにかざすと、自動で利用者を特定し、脈拍・血圧・歩数の計測値を読み取ります。さらにBluetooth機能付きの体温計や体重計を使えば、測定値をiPadに自動送信できます。CAREKARTEバンドとIoT機器とCAREKARTEの連携でバイタルにかかる時間を短縮し、その時間を利用者様へのケアに充ててサービスの質向上を図りましょう。

出展製品[6] 簡単設置・低価格・切れない無線環境を構築!「メッシュ無線LAN」
出展製品詳細[6] 整備にかかる高額なコスト、度々起こる電波干渉、無線がつながらない・・・。施設のネットワーク環境にお困りの皆様へ「メッシュ無線LAN」をご紹介!必要なのは電源コンセントのみ。有線LANの配線は不要、自動で電波を調整してくれます。IoT機器活用に無線環境整備は必須。詳細はブースにてご案内いたします。

出展カテゴリ

A. 介護ロボット

介護ロボット関連

J. 各種コンピュータシステム

各種コンピュータシステム関連